妊娠中によく食べた食べ物の紹介

妊娠中の食べ物は赤ちゃんの発育に影響を与えることがあります。

食べてはいけないものの代表例として、アルコールが上げられます。
妊娠中にお酒を大量摂取すると、胎児性アルコール症候群という発達障害を起こす可能性があるためです。

逆に妊娠初期から食べた方が良いと言われているのが、鉄分や葉酸が入っている食品です。

葉酸は赤ちゃんの遺伝子情報を担う核酸が生成されるのを助けてくれますし、鉄分は赤ちゃんの血液を作り出すため、普段よりも多く必要とされます。

鉄分や葉酸を効率良く摂取できる食べ物はほうれん草や豆苗です。

この他にも、妊娠中に必要な栄養素はビタミン、カルシウム等何種類もあります。

そうした栄養をバランス良く摂取するために皆が摂取している食べ物を紹介します。

飲み物

飲み物をもっと見る

野菜

野菜をもっと見る

フルーツ

フルーツをもっと見る

その他

その他をもっと見る

サプリ

サプリをもっと見る

アムウェイサプリメント

アムウェイのトリプルXというサプリメントが、つわりに効くし、栄養をかな

葉酸たまご

妊娠前は お腹のすいた時に その時 食べたいものを食べていました。

ネイチャーメイドの葉酸サプリメント

31歳初めての妊娠がわかったとき、産婦人科で胎児に良いとすすめられてい

たんぽぽ茶ブレンド

妊娠したことで食生活はビックリするほど大きく変りました。 あまり

伊藤園 黒豆茶

もともとコーヒーや紅茶・コーラなど、刺激の強いカフェイン入り飲料が大好

PAGE TOP ↑