ローズヒップティー

妊娠するまで、毎日仕事中に5杯ほどコーヒーを飲んでいました。でも、妊娠を期にそれができなくなった私は、ローズヒップティーを飲むようになりました。
妊娠6か月までフルタイムで仕事をしていた私は、自分の体の変化に戸惑うことも多い中、ほっと一息つきたい時もコーヒー紅茶はダメ、緑茶はダメ、ほうじ茶と麦茶しかダメと親や友達に注意され、イライラが募りました。仕事の引継ぎや、たくさんある業務をこなしていくなかで、もっとリラックスしないとお腹の赤ちゃんに良くないと思うとますますストレスが溜まってしまい、情緒不安定な日々を過ごしてしまいました。

そんな時、インターネットでハーブティーの存在を知りました。ハーブティーも紅茶の仲間のようなものだと思っていたのですが、様々な種類があり、ビタミンや鉄分など妊婦の体にありがたい成分が含まれているものがあるとのことでした。

中でも、ローズヒップティーには、鉄分が豊富に含まれており、そのほかにもビタミンCやリコピンやベータカロチンなども入っているというので、早速近所にあるカルディファームで購入、試しに飲んでみたらとてもおいしくて、うれしい気持ちでいっぱいになったのを覚えています。
さわやかな酸味があり、あまりつわりは重いほうではなかったのですが、それでも胸がムカムカして食欲がないときはローズヒップティーを飲むと口の中がさっぱりして、良い気分転換になりました。鮮やかな赤い色も、眺めていてとても気持ち良かったです。

南部鉄器の鉄玉子も購入して、お湯を沸かしてローズヒップティーを作りました。水道水がまろやかになり、お茶の風味が変わることもなく、鉄分が数倍増えているはず…と思うと心強かったです。

妊娠が分かり、つわりが始まった頃、先生に「食べたいときに食べたいものを食べていいですよ」と言われたものの、数多くある妊娠マニュアルの情報に振り回されてしまったり、いろいろ心配してくれる人たちのアドバイスに窮屈な思いをしたりしました。一番大切なことはリラックスして、自分の体の変化を受け入れながら、母になる日に向けて心を整えることだと思います。そのためには、ほっと一息つける習慣というものがとても大切なのだと感じました。

無事に出産を終えたあとも、ローズヒップティーを相変わらず飲んでいます。そのおかげかどうかはわかりませんが、ほぼ100%母乳で育てましたが血液検査で貧血と言われることはありませんでした。
妊娠中も今も、心強い友のような存在です。

thimnail

関連記事

伊藤園 黒豆茶

もともとコーヒーや紅茶・コーラなど、刺激の強いカフェイン入り飲料が大好きだった私は、妊娠してからとい

記事を読む

たんぽぽ茶ブレンド

妊娠したことで食生活はビックリするほど大きく変りました。 あまり、つわりもなかったので私自身の

記事を読む

アップルタイザー

妊娠6週目にして、つわりが最高潮に達ました。基本的には、食べられるものが極端に少なくなり、その食べら

記事を読む

アムウェイサプリメント

アムウェイのトリプルXというサプリメントが、つわりに効くし、栄養をかな

葉酸たまご

妊娠前は お腹のすいた時に その時 食べたいものを食べていました。

ネイチャーメイドの葉酸サプリメント

31歳初めての妊娠がわかったとき、産婦人科で胎児に良いとすすめられてい

たんぽぽ茶ブレンド

妊娠したことで食生活はビックリするほど大きく変りました。 あまり

伊藤園 黒豆茶

もともとコーヒーや紅茶・コーラなど、刺激の強いカフェイン入り飲料が大好

PAGE TOP ↑